[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」の発射を現地指導したと報じた。日時や場所に言及していないが、15日朝、平壌近郊の順安(スナン)地区から発射し、日本上空を通過した弾道ミサイルを指しているとみられる。

 同通信は、ミサイルは「予定された飛行軌道に沿って北海道上空を通過し、太平洋に設定した目標水域に正確に着弾した」と伝えた。飛距離や高度については触れていない。移動式発射台から発射される様子をとらえた写真も配信した。

 同通信によると、正恩氏は「いまだ国連の制裁に頼って我々を屈服させられると思う大国を自任する諸国がもどかしい」と語り、国連安全保障理事会の制裁強化を牽制(けんせい)。さらに、正恩氏は「最終目標は、米国と実際の力の均衡を実現して、米執権者(大統領)の口から軍事的選択をとるといった悪口が出ないようにすることだ」と述べ、米国の攻撃に核兵器で反撃できる能力の強化に向けて加速するよう指示したという。

 また、正恩氏は、目標としてき…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも