[PR]

 秋季東京都高校野球大会(都高校野球連盟主催)の1次予選は16日、今夏の全国選手権大会に出場した二松学舎大付と東海大菅生の両校が対戦。二松学舎大付が17安打を集めて12―5と大勝し、初戦を突破した。今夏の甲子園で4強入りした東海大菅生は、来春の選抜大会出場が絶望的となった。2大会連続の選抜出場を目指す早稲田実は日大鶴ケ丘を10―4で下し、本大会進出を決めた。

 また、台風18号の接近に伴い、一部の試合で日程変更があった。詳細は都高野連のウェブサイト(https://www.tokyo-hbf.com/別ウインドウで開きます)で確認できる。