[PR]

(16日、秋季東京都高校野球大会)

 東海大菅生は、甲子園のマウンドを経験したエースの戸田懐生(2年)が立ち上がりから相手打線に捕まった。「初回の入りで決まってしまった。ボールが高く浮いて、変化球も甘かった」と振り返った。

 一回は先頭からの3連打を含む4安打を浴びて3失点。同点で迎えた五回にも4長短打で3点を失った。二松学舎大付打線に低めのスライダーを見極められて制球に苦しみ、8回9失点で降板した。

 初戦敗退で本大会進出を逃し、来春の都大会も1次予選から臨むことになった。若林弘泰監督は「バッテリーは肝心な所で配球が甘くなった。この結果が、戸田にとっていい薬になればいい」。

 今夏の甲子園は3回戦の青森山田戦で完投勝ちするなど活躍を見せた戸田だったが、新チーム最初の公式戦では多くの課題を残した。長いシーズンオフに向け、背番号1は「この悔しさをバネにして、練習から目の色を変えて臨んでいきたい」とかみ締めるように言った。(辻健治)