[PR]

 大型で強い台風18号は16日、九州の西の海上を東寄りに進み、17日朝に鹿児島県付近に上陸する恐れがある。その後は速度を上げ、18日午後には北海道に達する見通し。活発な前線に台風本体の雨雲も重なり、気象庁は大雨や暴風への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、17日午前0時時点で、中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。上陸後は時速50キロ程度まで速度を上げるとみられ、風雨が急に強まるとみられる。

 16日は九州南部で大雨となった。宮崎県では1時間に70ミリ以上の非常に激しい雨を観測。宮崎市赤江では16日昼前までの24時間雨量が380ミリを超え、観測史上最大を記録。市は16日午前、加江田川が氾濫(はんらん)する恐れが高まったとして38世帯76人に避難指示を出した。

 九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市は市内8地区4445世帯に避難勧告を発令。台風の状況によっては、17日午前6時に避難指示に切り替える予定という。

 17日以降は台風本体の雨雲も重なり、西日本から東日本、北日本の広い範囲で非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降る恐れがある。

 17日午後6時までの24時間の予想雨量は多いところで、九州北部、四国、近畿、東海で350ミリ、九州南部で300ミリ、中国、関東甲信で200ミリ、北陸で100ミリと予想されている。

 JR九州は、在来線の全区間と九州新幹線の熊本―鹿児島中央で17日の始発から運転を見合わせる。九州新幹線の博多―熊本も気象状況により、運休や遅れの可能性があるという。航空各社は、福岡や大分などを17日に発着する250便以上の欠航を決めた。

     ◇

 台風の接近に伴い、交通機関の乱れやイベントの中止が相次いでいる。JR西日本によると、17日は京阪神を発着する特急「サンダーバード」や「くろしお」などの運転の多くを取りやめるほか、関西、和歌山、桜井、姫新、加古川各線は同日昼すぎから終日運転を見合わせる。さらに、同日夕からは京阪神の在来線の本数を通常の半分に減らして運行する。同日の空路は、大阪(伊丹)空港、関西空港と九州地方を結ぶ便を中心に欠航が決まったほか、大阪・神戸と九州を結ぶフェリー「さんふらわあ」、神戸―宮崎間の宮崎カーフェリーも同日の全便の欠航を決めた。

 神戸港開港150年を記念して17、18日に神戸市で開催予定だった「こうべ食の博覧会」は両日とも中止。各社のバスが集結する「バスまつり」も同市で17日に予定されていたが、中止が決まった。昨年は約3万人が訪れていた。

 神戸市は16日、市内にある防潮鉄扉のうち、地盤が低い場所にある44カ所の防潮鉄扉を閉鎖。滋賀県も同日、8月の台風5号の大雨で同県長浜市を流れる姉川が氾濫(はんらん)した原因となった同市大井町の堤防の切り通しを応急的に閉鎖した。

■大雨、暴風の警報級が予想される期間(気象庁による)

【九州南部】

(大雨・洪水)17日未明~夜

(暴風)   17日未明~夜

【九州北部】

(大雨・洪水)17日未明~深夜

(暴風)   17日未明~深夜

【四国】

(大雨・洪水)17日未明~深夜

(暴風)   17日朝~深夜

【中国】

(大雨・洪水)17日昼~18日午前

(暴風)   17日午前~18日午前

【近畿】

(大雨・洪水)17日未明~18日午前

(暴風)   17日昼~18日午前

【北陸】

(大雨・洪水)17日夜~18日以降

(暴風)   17日夜~18日午前

【東海】

(大雨・洪水)17日未明~18日以降

【関東甲信】

(大雨・洪水)17日未明~18日午前

(暴風)   18日午前

【東北】

(大雨・洪水)18日未明~19日以降

(暴風)   17日夜~19日以降

【北海道】

(大雨・洪水)18日未明~19日以降

(暴風)   18日未明~19日以降