[PR]

 「死の棘(とげ)」などで知られる作家島尾敏雄の生誕100年、妻で作家のミホの没後10年となる今年、2人の魅力を見直す動きが続いている。ゆかりの地の奄美では今夏、記念行事が開かれ、2人がモデルの新作映画も全国上映中。奄美の戦争体験や風土を見つめ直すきっかけにもなっている。

 記念行事は7月、NPO法人・島尾敏雄顕彰会(奄美市)の主催で3日間にわたって開催された。

 その一つが県内外からの約100人が参加した加計呂麻島の散策ツアー。島尾が1944年11月、特攻艇「震洋」の部隊長として赴任し、後に妻となるミホと出会った地を巡った。

 「あれが2人が逢瀬(おうせ)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら