[PR]

(16日、ソフトバンク7―3西武)

 ○工藤監督(ソ) 「優勝してほっとしている。昨年リーグ優勝できず、CSで負けてからこのことだけを思って1年やってきた。(東浜は)今までにないくらい気合が入っていた。最初から飛ばしていた。大事な試合であんな投球ができるのは素晴らしい。(七回からの救援陣は)今季のお礼の意味をこめて投げさせたかった。彼らがいないとわからないくらい8、9月は厳しい戦いがたくさんあった。(胴上げの瞬間は)選手の手がすごく温かく感じた。こんな最高の気分にさせてもらってありがとうという気持ち。みんなよくやってくれた。うちが一番誇れるのは、どんなときにもあきらめないことと、常に全力疾走をするということ。そこが、ほかのチームと違うところだと思う。まず一つ夢がかなった。最終的な目標は日本一奪還です。選手、コーチ、裏方さん、球団関係者、ファンとともに日本一を目指してがんばります」

こんなニュースも