[PR]

 2002年の小泉純一郎首相(当時)の訪朝で明らかになった拉致問題。北朝鮮との交渉に関わってきた福田康夫元首相、竹内行夫・元外務事務次官、超党派の「拉致議連」会長代行を務める自民党の古屋圭司・元拉致問題担当相に話を聞いた。

――小泉純一郎元首相の訪朝により5人の生存者を帰国させましたが、世論は必ずしも評価しませんでした。

 「5人を取り戻し、北朝鮮を変質させることに成功した。これはヨーロッパや米国にはできなかったことだ。米国は当時、北東アジアの安全保障環境が変わり、見通せなくなると懸念し、反対していた。日本の国内世論も違った。小泉氏も私も世論を読み違えた」

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも