[PR]

 (16日、フィギュアスケート・USインターナショナルクラシック)

 「手がしびれる」

 女子フリーのフィニッシュ後、フラフラしながらリンクサイドに上がった本田真凜は、浜田美栄コーチにそう言って倒れ込んだ。空気の薄い米ソルトレークシティーの高地でのシニア国際大会の初舞台。耐えて金メダルをつかんだ。

 「最後までやる」「最後までやる」。そう言って、気合を入れて演技を始めた。冒頭の3回転ルッツや、連続3回転ジャンプをきれいに決めて、勢いに乗って滑った。

 途中、きつくなったとき、浜田…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら