[PR]

 民進、自由、社民の野党3党は17日、同日午後に予定していた党首会談を中止した。民進関係者によると、28日に召集される臨時国会の冒頭で安倍晋三首相が衆院解散に踏み切る可能性が高まったとして、衆院選への対応を優先するためだという。民進の前原誠司代表は17日午後、党本部に入り、党幹部と衆院選への対応について協議する。

 前原氏は16日、国会運営などで協力関係を強めるため、自由党の小沢一郎代表、社民党の吉田忠智党首に、17日午後の党首会談を呼びかけていた。