[PR]

 安倍晋三首相が年内の衆院解散を検討していることが報じられた。7月の東京都議選では自民が惨敗し、都民ファーストが躍進した。あれから2カ月あまり。都内の関係者からは戸惑いの声が聞こえる。

 「態勢もできていない。本当なのか」。自民党東京都連の幹部は、今月末にも衆院解散という急展開に驚きを隠さなかった。

 自民は7月の都議選で、対立する小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」に大敗。学校法人加計学園の獣医学部新設をめぐる問題などの逆風を受け、改選前の57議席から過去最低の23議席にまで減らしたばかりだ。下村博文都連会長が引責辞任を表明したが、選挙を指揮する次期会長も未定。「選挙となれば、粛々と対応するしかない」と別の自民都連幹部は覚悟を決める。

 都内選出のある自民衆院議員は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら