[PR]

 16日まで米ソルトレークシティーで開かれたフィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックの女子で優勝した本田真凜(大阪・関大高)と報道陣の主な一問一答は次の通り。

 ――シニア国際大会のデビュー戦で良い結果を収めることができた。

 「標高が高い中で、今、自分ができることはできたんじゃないかなと思うんですけど、全然、満足できるような演技ではなかった」

 ――演技前はどんな状態だったか。

 「すごく集中して、絶対、何があっても最後までやると何回も自分に言い聞かせた。体力を温存して滑るんじゃなくて、最初から全力で滑ろうと思って滑れた。後半は本当に途中から覚えていなくて。どんな感じで最後、演技をしたのか覚えていないんですけど、自分との戦いに勝てたんじゃないかなと思う」

 ――フィニッシュのポーズで足元がフラフラだった。

 「最後までできたと思ったのと、後半の二つのジャンプをあまり覚えていなかったので、どうだったかな、というのを考えていた。リンクではしっかり気を持たないといけないなと思っていた。氷に乗っている中では最後まで自分の役目を果たせた」

 ――浜田コーチが「頑張って」と。

 「聞こえました。もう本当にきつくて、頑張れって聞こえたので、頑張りました。ふふふ。あんまり覚えていないですけど、最低限、しっかり最後まで、自分が今回の試合でやるべきことが出せた」

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら