[PR]

 韓国の全国民主労組総連盟(民主労総)などが主導する市民団体は18日、釜山の日本総領事館前で集会を開き、日本統治時代に朝鮮半島から徴用された労働者を象徴する像を、来年5月1日のメーデーに合わせて同領事館前に設置すると発表した。

 市民団体は18日から、像設置をアピールする1人での示威行動を交代で100日間、総領事館前で実施する。釜山市民を対象にした像設置のための募金活動も始めるという。日本政府は「外交関係に関するウィーン条約の規定に反する」として、韓国政府に適切な対応をとるよう求めている。

 総領事館前の道路の管理者である釜山市東区は昨年12月、慰安婦問題を象徴する少女像の設置に反対していたが、最終的に黙認した。同区関係者によれば、市民団体側から18日時点で設置の問い合わせはないという。関係者は「我々は賛成や反対を決める立場にない。政府がやるべき問題だ」と語った。

 民主労総は進歩系の代表的団体…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら