[PR]

 小池百合子・東京都知事は18日、安倍晋三首相が28日召集の臨時国会の冒頭で衆院解散・総選挙を行う方向で検討していることについて、「(衆院を解散する)大義が分からない。国民に何を問いかけていくのか分かりにくいし、多くの皆さんがそう思われるのではないか」と批判した。

 東京都内で記者団に答えた。小池氏に近い若狭勝衆院議員らが結成をめざしている国政新党に対しては、「総選挙となった時には、『しがらみのない政治』というメッセージが伝わるように、と思う」と期待感を示したうえで、「(改革の方向性が)都政と連携しなければ意味がない。そういった方々は応援していきたい」と述べ、支援する考えを明かした。