[PR]

 ハギの名所の梨木神社(上京区)で開かれている萩まつりに合わせ、府市民俳句大会が18日、同神社であった。参加した217人が「ハギ」をテーマに句を詠んだ。

 府知事賞を受賞したのは伏見区の北村峰月さん。「参道は萩の枝垂れの遠近法」と詠んだ。朝日新聞社賞は左京区の南士郎さんの作品「濡れ縁の濡れまだ残るこぼれ萩」が受賞した。

 境内に咲く赤紫や白いハギの花は、20日すぎから月末にかけて見頃を迎えるという。