[PR]

 ロンドンの地下鉄で15日朝に起きた爆発テロ事件で、事件に関与した疑いで英警察に拘束された18歳の少年はイラク出身の孤児とみられることが18日、明らかになった。同じく拘束された21歳の男はシリア出身とみられ、2人は同じ里親に育てられたという。

 PA通信など英メディアが報じた。英警察は少年の関係先としてロンドン郊外の住宅を捜索。この家には高齢の夫婦が住み、長年難民を含む身寄りのない子を里親として養育していた。

 少年もここに住んでおり、地元政治家はPA通信に「少年は両親を亡くした後、15歳で英国に来たイラク出身の孤児だ」と話した。この家の近くの防犯カメラには、事件の約1時間半前に、地下鉄内で爆破した装置が入っていたバッグによく似たものを持つ男が映っていた。

 この政治家は、21歳の男も以…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら