[PR]

■てんでんこ:音楽の力30

 居間に飾られた航空写真は、東日本大震災前の岩手県大槌町の街並みだ。国道脇の住宅地に小さな黒い点が見える。自宅庭にいた後藤富子(ごとうとみこ)(69)だった。

 撮影の約1年後、一帯は津波に襲われた。後藤は今、高台の災害公営住宅に住む。窓からは自宅のあった辺りが望める。

 後藤は震災が起きた後、地区の人らと同県内陸部の花巻温泉に長期避難した。そこで通ったのが支援の歌の会だ。花巻の音楽療法士、三井和子(みいかずこ)(66)らが企画した。

 後藤が地元に戻れたのは約2カ月後だった。プレハブの仮設住宅の壁は薄く、隣人を気遣い、音を立てない生活が続く。ある日、地区の海岸で知人の女性が叫んでいた。

 「こんちくしょう。歌っこ歌いたい」

 後藤からの電話で三井が駆けつ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも