[PR]

 元秘書に暴言を吐いたり、暴行したりしたと「週刊新潮」で報じられ、自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が18日、埼玉県新座市で会合を開き、地元の支持者数十人に一連の問題について謝罪した。その一方で、「議員を続けたい」とも語った。

 豊田氏は暴言を報じられて以降、約3カ月ぶりに支持者らの前に現れた。

 非公開だった会合後に記者会見した豊田氏は、「皆様におわびとご説明をした。議員を辞めてしまった方が楽だが、恥をさらしながら猛省して、地域と国のために働かせて頂きたい。今日をもって復帰させて頂きたい」と表明した。

 「このハゲー」と絶叫するなど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら