[PR]

 豊田真由子衆院議員が18日に行った記者会見の主な内容は次の通り。

 ――元秘書への暴言と暴行と思われる音声データについては事実か?

 全部聞いたわけではない。正直、自分が言ったとは、にわかにはびっくりしてしまうが、私の音声だと思う。申し訳ない。自分はどうかしていた。本当に申し訳ない思いでいっぱいだ。あんな言葉で叱責(しっせき)したのは初めてだ。

 ――元秘書に手をあげたのか?

 そこがまさにいま、刑事事件の捜査中のところ。何が事実か、ということについては双方で意見が違っている部分もあり、私がこの場でつまびらかに申し上げることはできない。ただ、報道にあるような、私が大変な乱暴を働いて大けがをさせたということは決してない。「顔が腫れるほど殴った」との報道があるが、顔は腫れ上がっていなかったのは事実だ。やっていないことはやっていない。

 ――議員を辞職する考えはない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら