[PR]

■細野豪志元環境相(発言録)

 北朝鮮の問題がこれだけ緊迫しているなかで、国会を開かずに解散をする。本当に自己都合だと思う。しかも、加計(かけ)問題を中心に、政権のほころびなり問題が出ている。それも全く説明せずに解散するわけだ。加えて、新党の準備が整わないから(解散を)やるという意味で、ここに安倍政権のゆるみやおごりが象徴的に表れている。

 ただ、もう戦いになった以上は我々はしっかりやる。短期決戦は不利ではない。明確に政策や理念を掲げて国民に訴えかけるチャンスだから、それだけの顔ぶれをそろえることも含めて、短期決戦は我々のような小さな集団からすると、むしろ大きなチャンスだと捉えている。(静岡県三島市で記者団に)

こんなニュースも