[PR]

■加藤勝信厚生労働相(発言録)

 (衆院選で)問うたことが国民に支持されれば、それは大義になるんだろうと思う。結果的に大義か大義じゃないかっていうことは、その選挙を通じて国民の皆さんがどう判断するかにかかってくる。選挙前に、それが大義だ、大義じゃない、と(言うことは)、もちろん議論としてはあると思うが、最終的にそれも含めて国民の皆さんが判断されることだ。

 (民進党が唱えてきた社会保障の考えを自民党がパクって、消費税率を8%から10%に引き上げた場合の年間の税収増5・4兆円を原資にあてようとしているという意味で「パクリノミクス」と指摘されているが)パクりという意味がわからないが、歳出に関してこういうことをしようということを我々も言ってきた。そのために財源をしっかり確保しないといけない。しかし財政再建も進めないといけない。消費税(の増収分)は社会保障にあてることになっているが、社会保障の財源を十分確保しなかったために赤字がうまれているという見方もある。財政再建をどうするか、そしていま必要な施策をする財源をどうしていくのか、総合的に議論していかないといけない。(BSフジの番組で)

こんなニュースも