[PR]

 ワイヤの一部が断線した影響で9月上旬から運行をやめていた「びわ湖バレイ(大津市木戸)」のロープウェーが、来月7日午前9時に再開する。同社が25日、明らかにした。

 ロープウェーは、ふもとから標高1108メートルの打見山の山頂まで運行している。同社によると、9月3日にロープウェーが往復するケーブルを支えるワイヤ(直径5・6センチ)8本のうち1本が断線しているのに従業員が気づき、ロープウェーの運行を止めた。一時約700人が山頂付近に足止めされ、少なくとも460人が自力での下山を余儀なくされた。4日から運行を止めて調べていた。

 ロープウェーは2008年に運転を始めた。ワイヤの耐用年数は10~15年とされているが、同社は断線の原因が疲労と結論づけ、断線したワイヤも含めて8本すべてを取り換えた。同社は「長らく営業を中止していてご迷惑をお掛けしました。再開後は安全第一に施設づくりをしていきたい」(広報)としている。(藤牧幸一)