[PR]

 国宝・鑑真和上坐像(がんじんわじょうざぞう)〈8世紀〉を安置する奈良・唐招提寺の御影堂(みえいどう)〈国重要文化財〉で21日、建物をレールに乗せて動かす「曳家(ひきや)」と呼ばれる作業が始まった。今年4月に始まった「平成大修理」の一環。

 午前10時過ぎ、御影堂の「宸殿(しんでん)」が4列のレールの上を動き出した。事前に90トンの建物をジャッキで持ち上げ、レール上の鋼材の上に載せる作業を終えていた。鋼材ごと水平方向にジャッキで押し出すと、建物が北方向にゆっくりと動いた。この日は約10メートル移動させる予定だ。

 建物を移動させ、基礎工事するのが目的。鑑真の像は宸殿とは別の場所に移している。御影堂は宸殿と「殿上及び玄関」(控えの間と玄関)の二つの建物からなり、10月末までに両方を約30メートル動かす。基礎工事後、屋根の葺(ふ)き替えや耐震補強をする。

 御影堂は元は奈良・興福寺の建物。奈良県庁などに使われた後、1964年に唐招提寺に移築されたが、地盤が軟弱なため近年は建物が傾いていた。(宮崎亮)