[PR]

 国連総会出席のため米ニューヨークを訪問中の韓国の文在寅大統領は18日、グテーレス国連事務総長と会談し、朝鮮半島情勢について意見交換した。韓国大統領府によると、グテーレス氏は、北朝鮮の核・ミサイル問題について「軍事的手段ではない外交的手段によって解決されるべきだ」と強調した。

 会談で文氏はグテーレス氏に「核問題が平和的なやり方で、根源的・包括的に早急に解決できるように積極的な役割を果たしてほしい」と北朝鮮との対話実現に向けた仲介役を依頼。これに対しグテーレス氏は「対話を通じて問題が早期に解決する糸口を見つけることができるよう、韓国と緊密に協力して可能な努力をする」と応じた。(ニューヨーク=武田肇