[PR]

 朴元淳(パクウォンスン)ソウル市長は19日午前、自身の名誉を傷つける文書を作成した国家情報院の報告を受けながら黙認していたとして、当時の李明博(イミョンバク)元韓国大統領を職権乱用などの疑いで検察当局に告訴すると発表した。同日午後、ソウル中央地方検察庁に告訴状を提出する。

 文在寅(ムンジェイン)政権が立ち上げた国家情報院の改革委員会が11日、李政権当時に国情院が作成した朴市長に関する複数の文書の存在を発表したことを受けた。文書のひとつは2011年11月ごろ、当時の元世勲(ウォンセフン)国情院長が朴氏を「北朝鮮に理解を示す人物」と位置づけ、朴氏を牽制(けんせい)するために作成を命じたとされる。

 朴氏は進歩(革新)系の代表的政治家の一人で、李政権下の11年10月に行われたソウル市長選で勝利した。保守勢力からは、進歩系の文政権誕生に伴う保守勢力への政治報復との批判が出ている。(ソウル=牧野愛博)