[PR]

 バドミントンのダイハツ・ヨネックスオープンが19日、東京体育館で開幕。20日の本戦から出場する上位選手が記者会見に出席し、意気込みを語った。

 8月の世界選手権でシングルス初の金メダルを獲得した奥原希望(日本ユニシス)は勝てば2回戦で同準優勝のシンドゥ・プサルラ(インド)と当たる可能性がある。17日の韓国オープン決勝では敗れており、直近の2試合は1勝1敗。奥原は「対戦が実現すれば、非常にワクワクする」と話し、「ホームゲームなので日本のファンに少しでも私のプレーをみてもらいたい。一球一球全力で戦いたい」と語った。