[PR]

 陸上自衛隊武山駐屯地(神奈川県横須賀市)は19日、同駐屯地高等工科学校の生徒から集めた運動部の部費を横領したとして、高等工科学校の男性自衛官2人を懲戒免職処分にしたと発表した。

 処分されたのは2等陸曹(33)と3等陸曹(28)。2等陸曹は2016年3月~12月、アーチェリー部の会計係をしていた際、約20回にわたって計約170万円を横領した。3等陸曹は今年l月、バレーボール部の会計係だった際に部費約28万円を横領した。

 調べに対し、2等陸曹は「借金返済に充てるためと遊ぶ金が欲しかった」と話している。3等陸曹は整合性が合わなくなっていた出納簿の数字を合わせるため、部の用品購入に関する架空の領収書と請求書を作り、その分の部費を自宅に持ち帰ったという。

 高等工科学校は自衛官を養成する学校で、2人は生徒の教育を担当する隊員。いずれも全額を弁済したという。