[PR]

 米おもちゃ販売大手トイザラスは18日(日本時間19日)、連邦破産法11条の適用を米バージニア州の裁判所に申請し、経営破綻(はたん)した。米ウォルマートなど安値攻勢をかける大型量販店や、米アマゾンなどのネット販売の急伸に押されて業績悪化が続いており、債務の返済に行き詰まった。

 トイザラスは世界38カ国・地域に直営・ライセンス店合わせて2千店近くを展開し、計6万5千人の従業員がいる。このうち日本法人の「日本トイザらス」は約160店を営んでいる。今回の破産手続きは、米国とカナダの事業だけが対象だとしている。

 トイザラスは総額約50億ドル(約5500億円)の負債を抱えており、2018年に約4億ドル(約440億円)の返済期限が迫っていた。米メディアによると専門の法律事務所と契約し、債務の減免や新たな資金調達の可能性も探っていたが、法的整理に追い込まれた。

 業界で最大の書き入れ時である…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら