[PR]

虐待防止へ、壮絶な体験つづる セリーヌ・ラファエルさん(33歳)

 「私の子ども時代を一言で表すとすれば、『孤独と恐怖』です」

 医師としてがん研究に打ち込む傍ら、仏政府の虐待防止計画にかかわる。充実した日々の陰には、壮絶な子ども時代があった。

 娘を一流のピアニストに育てるため、父の常軌を逸した「しつけ」が始まったのは4歳のとき。部屋に鍵をかけられ、1日7時間の練習を強いられた。間違えると尻を革ベルトで打たれ、丸刈りに。気分次第で食事を抜かれ、深夜、食事に水を加えて混ぜたぐちゃぐちゃの夕飯を食べさせられた。「いつか殺される」と、あらゆることに神経をとぎすませ、心休まるときはなかった。

 一流企業の幹部だった父は、外…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら