[PR]

 古道「山の辺の道」沿いに立つ奈良県天理市柳本町の市トレイルセンターに今春、大阪・心斎橋の人気洋食店が移ってきた。「洋食Katsui山の辺の道」のオーナーシェフ、勝井景介さん(52)は「道行く人を料理でもてなし、故郷ににぎわいをつくりたい」と話す。

 テーブルを囲む家族連れのもとに、カリッと揚がったエビフライやハンバーグステーキが運ばれてきた。「白いご飯で食べる優しい味の洋食です」と勝井さん。

 センターは2000年、観光案内・休憩施設としてオープンした。観光客やハイカーら年間約7万人が利用する。老朽化に伴う改修を機に市は指定管理者制度を導入。公募で勝井さんの案が選ばれ、館長として4月からセンターを運営する。

 2歳のころ、東京から天理市に移住し、10歳で柳本に引っ越した。写真家、入江泰吉さんの山の辺の道の作品を見て、「なんてきれいなところだろう」と思った。自転車で走り回り、周囲の風景を撮った。「ファインダー越しに見た三輪山やレンゲ畑は今もそのままです」

 大学卒業後、東京のホテルに就…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら