[PR]

 浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(下京区)で20日、修復中の国宝・飛雲閣の特別公開が始まった。こけらぶきの屋根のふき替えに向け、素屋根(すやね)という丸太を使った足場で囲まれた姿を見学することができる。

 修復工事は2020年3月までの予定。見学は無料で23日までは正午~午後2時と同3時半~4時半。24日は午前9時~午後2時と午後3時半~4時半。受付で記念品として、飛雲閣のペーパークラフトを配る。問い合わせは西本願寺(075・371・5181)へ。