[PR]

 国連総会出席のためニューヨークを訪問中の韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は19日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談した。両氏は、来年2月の平昌冬季五輪を前に、今年11月に予定される国連総会の「五輪停戦」決議案の採決にあたり、より多くの国連加盟国に賛成してもらうため、協力することを確認した。

 「五輪停戦」決議は、五輪とパラリンピックの開催期間中は武力紛争を控えることを国連加盟国に求めるもので、古代五輪の伝統にのっとり毎回の五輪前に開催国の主導で国連総会で採択されてきた。今回は核実験やミサイル発射などの挑発を繰り返す北朝鮮が、どのように対応するかが注目される。

 韓国政府によると、文氏は会談で「五輪停戦決議が多くの国の支持で採択されれば、大会の安全に対する懸念がなくなる。北朝鮮も参加することになれば、安全はもっと保障されるだろう」と語った。平昌五輪をめぐっては、朝鮮半島情勢の緊張が続く中、大会の安全に影響を与えないか懸念の声が上がり始め、韓国は払拭(ふっしょく)に努めている。(ニューヨーク=武田肇

こんなニュースも