[PR]

 高校野球の強豪・中京大中京(愛知)元監督の大藤(おおふじ)敏行さん(55)=野球部顧問=が来年4月から、享栄(愛知)の野球部顧問に就任する。県内ライバル校への転出は異例で、反響が広がっている。

 享栄の関係者によると、次期監督就任も視野に入れたものという。大藤さんは朝日新聞の取材に対し、「中京大中京で(保健体育の)教員をしている立場。今は、何とも答えられません」と話している。

 大藤さんは中京(現・中京大中京)出身。28歳で母校の監督に就任し、春夏計9回甲子園に導いた。2009年夏の甲子園で優勝し、10年に退任した。昨年には高校日本代表のヘッドコーチに就任。今年カナダで開催されたU18ワールドカップでも指導した。

 中京大中京と享栄は東邦、愛工大名電とともに「私学4強」と呼ばれている。享栄は夏8回、春11回甲子園に出場したが、00年春以来、遠ざかっている。県高校野球連盟の関係者は「就任が享栄に新しい風をもたらし、ひいては愛知の高校野球全体の活性化につながれば」と話した。

こんなニュースも