[PR]

 インターネット通販サイト「アマゾン」で基準を上回る放射性物質トリチウムを含んだ蛍光キーホルダーなどを無届けで販売していたとして、原子力規制委員会は20日、放射線障害防止法にもとづきアマゾンジャパンや輸入会社などに販売停止と回収を命じたと発表した。健康被害は確認されていないという。

 規制委によると、キーホルダーは中国から輸入された「メックアーミー・トリチウムグローバーTR25」(縦4センチ、横1センチ)。今年3月に警察庁から情報提供を受けて調べたところ、基準(1ギガベクレル)を超える10・9ギガベクレルのトリチウムガスが封入されていた。トリチウムが出す放射線が塗料に当たって光る仕組みだった。

 規制委によると、15個の販売分も含めた28個のうち8個が回収されていないほか、1個は購入者が廃棄していた。

 また、同サイトに出品、販売された米国製の方位磁針(コンパス)にも4・44ギガベクレルのトリチウムが塗料として使われており、すでに回収済みだという。

 規制委は「もし製品のトリチウムガスをすべて吸入しても内部被曝(ひばく)による人体への影響はほとんどない」としている。(小川裕介)