[PR]

 20日の東京株式市場で、日経平均株価は前日終値をはさんで方向感が乏しい取引が続いたが、終値では2日連続で今年の最高値を更新した。終値は、前日より11円08銭高い2万0310円46銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同0・04ポイント高い1667・92。出来高は17億5千万株。

 日本時間21日未明に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、投資家の様子見姿勢も目立った。市場では「400円近い値上がりとなった前日の勢いは続いている」(大手証券)と強気な見方もあった。

こんなニュースも