[PR]

 東京都の小池百合子知事の支援を受けて新党設立をめざす若狭勝衆院議員は20日、国会内で無所属の行田邦子参院議員(当選2回、埼玉選挙区)と会談し、新党への参加を呼びかけた。行田氏は「思いは共有している」と前向きに応じ、近く結論を出すという。

 会談は「女性問題に詳しい」として若狭氏から持ちかけた。行田氏は新党を「国民に良い選択肢を与える」と評価したが、参加するかは「後援会の理解が必要」と保留した。新党に参加しても次期衆院選へのくら替えはしないという。

 若狭氏は20日のラジオ日本の番組で、新党の党名について、「(自身が作った政治団体の)日本ファーストの会とは全く違う名前にする」と述べた。