[PR]

 20日午前5時ごろ、「シカが淀川の河川敷にいる」と通行人の男性から110番通報があった。大阪府警によると、通報から約30分後、大阪市淀川区西中島2丁目の淀川右岸河川敷で、警察官がシカを発見した。

 東淀川署によると、署員が警戒にあたったが、午前7時半ごろにシカを見失った。その後、午後4時半ごろに再び110番通報があり、シカが堤防を越えて住宅地に近づかないように署員約10人が監視を続けた。

 シカはその後、午後6時50分ごろに、東淀川区柴島2丁目の河川敷にあるゴルフ場の茂みに逃げ込み、行方がわからなくなったという。

 同署によると、シカは体長約1・3メートルで角があったことからオスとみられる。けが人はいないという。