[PR]

 フィギュアスケート男子のエース羽生結弦(ANA)と三原舞依(神戸ポートアイランドク)は21日(日本時間22日)、カナダ・モントリオールで開幕するオータムクラシックで、今季国際大会初戦に臨む。20日は女子の公式練習があり、三原は3回転ルッツやダブルアクセル(2回転半)からの連続ジャンプを確認していた。

 四大陸選手権を制するなど、昨季後半に日本女子を引っ張った三原は「氷の感覚がつかめてきたので思い切りいきたい」。今季のショートプログラム(SP)は、昨季のSP「序奏とロンド・カプリチオーソ」やフリー「シンデレラ」とはひと味違ったタンゴ。「強い女性」を演じる。三原は「去年と全然違うと思ってもらえるようにしたい」と意気込んだ。

 男子は羽生のほか、村上大介(陽進堂)や世界選手権2連覇経験者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)がエントリーしている。女子SPは21日に、男子SPは22日にある。