[PR]

 アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」の握手会で発炎筒に点火したなどとして、威力業務妨害と銃刀法違反の罪に問われた札幌市白石区の無職阿部凌平被告(25)の初公判が21日、千葉地裁であった。阿部被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑し、即日結審した。

 起訴状などによると、阿部被告は6月24日夜、千葉市美浜区の幕張メッセであった欅坂46の握手会で、発炎筒に点火して握手会を中断させ、運営会社の業務を妨害したとされる。また、現場で果物ナイフ(刃渡り約13センチ)を所持したとされる。

 検察側は、被告がネットで欅坂46のメンバーの悪口をみてつらくなり、事件を起こすことでグループに同情や注目が集まると考えたなどと指摘し、「身勝手で独善的な犯行」と主張した。弁護側は「綿密に計画したと評価できない」として、執行猶予つきの判決を求めた。

 法廷入り口には金属探知機が設けられ、職員が傍聴人の荷物や携帯電話を預かる異例の態勢が敷かれた。