[PR]

 21日午前9時ごろ、JR東海道線の川崎―品川間を走行中の普通列車(15両編成)の前から9両目の窓ガラス1枚が割れ、破片で乗客の女性1人が切り傷を負った。

 JR東日本によると、横130センチ、縦90センチのガラスのほぼ全面が割れていた。列車は品川駅で運転を取りやめ、乗客約2500人は後続の列車に乗り換えた。同社が原因を調べている。

 この車両に乗っていた40代の男性によると、品川駅に到着する7分ほど前、「バーン」という衝撃音とともにガラスが割れ、車内では悲鳴が上がったという。列車はそのまま走行し、品川駅で運転見合わせになったという。(千葉雄高)