[PR]

 経団連の榊原定征会長は21日、東京都内のホテルで二階俊博幹事長ら自民党幹部と懇談し、安倍晋三首相が近く表明する衆院解散について、「安定政権が重要であり、来たるべきイベント(衆院選)については経済界としても(自民党に)協力していきたい」と述べ、引き続き同党を支持していく考えを表明した。

 懇談で二階氏は「選挙に勝たなければどうしようもない。お力添えをください」と要請。塩谷立・選挙対策委員長も「勝利に向けて取り組みたいので協力を」と訴えた。

 これに対し、経団連の大塚陸毅・政治特別委員長(JR東日本相談役)は「安倍政権は内政外交両面で実績を上げている」。榊原会長も「日本経済を再生させるために政治と経済が両輪になって政策を総動員させることが大事だ」と述べ、同党が経済最優先の姿勢を貫くことを条件に連携を維持する考えを伝えた。(山口博敬)

こんなニュースも