[PR]

 生後1カ月の次男を強く揺さぶって死亡させたとして、埼玉県警は21日、同県新座市の無職の母親(19)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。「おむつを替えたりミルクを与えたりしても泣きやまなかった」と供述し、容疑を認めているという。

 捜査1課によると、母親は8月30日午後6時半ごろ、自宅アパートで次男のわきの下を抱えて体を強く揺さぶるなどの暴行を加え、急性硬膜下血腫を負わせて、その後死亡させた疑いがある。

 母親は同月31日午後3時ごろ「(次男が)ぐったりして動かない」と自ら119番通報。救急隊が駆けつけた際には呼吸と脈がなく、病院に搬送されたが9月4日午後4時40分ごろに死亡が確認された。一家は4人暮らしで、暴行時、自宅には長男(1)もおり、会社員の父親(26)は仕事で不在だったという。

 新座市保健センターによると、8月21日に職員がこの家を訪問。3~4カ月児健診前の乳児がいる家庭を対象にした一般的な訪問で、この際には変わった様子はなく次男の体調にも問題はなかったという。県警への相談や児童相談所への通告もなかったという。