[PR]

 ティラーソン米国務長官は20日、ニューヨークで会見し、「北朝鮮で燃料不足が起きている兆候がある」と述べた。国連安全保障理事会が11日に採択した、北朝鮮への石油供給を制限する制裁決議の効果が出ているとの見方を示した。

 ティラーソン氏は、北朝鮮が米国などによる制裁強化を見据え、「今年に入って燃料を備蓄していたが、使い果たしつつある。入ってくる燃料も少なくなっている」と指摘した。

 一方で、制裁で大きな成果が出るには「ある程度時間がかかる」とも語った。

 またホワイトハウスによると、…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも