[PR]

 プロ野球のソフトバンクは21日、前日に右脇腹付近を痛めた柳田悠岐外野手(28)の出場選手登録を抹消した。札幌市内の病院で精密検査を受けた結果、「右腹斜筋損傷・肋間(ろっかん)筋損傷2度」と診断された。全治3週間の見込み。

 柳田は20日の日本ハム戦(札幌ドーム)の二回の第1打席で、ファウルした際に右脇腹付近の痛みを訴え、途中交代した。この日午前に診察を受け、チーム宿舎に戻った際には「(球場に来るか)わからないです」と話していた。球団によると、柳田はチームを離れ、数日間は関東地方の病院で治療し、ファーム施設でリハビリする予定。

 10月18日から始まるクライマックスシリーズ(CS)最終ステージに向け、工藤監督は、「CSには間に合うと思っています。1日でも早く治すように本人には伝えた」と語った。レギュラーシーズン中の復帰の可能性については「早く復帰したいという気持ちが強ければ強いほど、早く治ると思っています。代打の可能性もゼロではない」と話した。

 柳田は今季130試合に出場し、リーグ2位の打率3割1分、同3位の31本塁打、同2位の99打点をマーク(数字は今月20日現在)。2年ぶりのパ・リーグ優勝に貢献した。(甲斐弘史)

こんなニュースも