[PR]

 安倍晋三首相とトランプ米大統領、文在寅(ムンジェイン)・韓国大統領による会談が21日昼(日本時間22日未明)、ニューヨーク市内のホテルで始まった。核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対し、日米韓が連携して圧力を強化する方針を改めて確認する見通しだ。

 3首脳の会談は、7月にドイツで開催された主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせて行われて以来。この際も北朝鮮問題への対応を協議したが、その後も北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)や日本上空を通過する弾道ミサイルを発射し、6回目の核実験も強行した。

 今回の首脳会談では、北朝鮮が核・ミサイル問題の解決に向けた具体的な行動を取らない限り、徹底して圧力をかける方針を改めて共有する見通し。北朝鮮に影響力を持つ中国やロシアを含む全ての国連加盟国に対し、石油の輸出制限などを盛り込んだ国連安保理の制裁決議の厳格な履行を求めることも確認するとみられる。

 一方、韓国政府は21日、国際機関を通じて北朝鮮に計800万ドル(約9億円)の人道支援を行うことを決定。日本政府からは「圧力を損ないかねない行動は避ける必要がある」(菅義偉官房長官)と反発の声もあがっている。(ニューヨーク=松井望美)

こんなニュースも