[PR]

 勤務する兵庫県警三田(さんだ)署の幹部のスピード違反を検挙せずに見逃したとして、県警は22日、同署交通課の男性警部補(51)を犯人隠避の疑いで書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にした。警部補は「同じ職場なので交通反則切符を交付しにくかった」と容疑を認めているという。幹部は当時、同署地域課長だった男性警部(54)で、県警は戒告処分とした。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、警部補は昨年5月27日午前7時10分ごろ、三田市内の県道で交通違反の取り締まり中、時速40キロの制限速度を23キロ超えて走行する車を確認し、停止させた。運転していたのは自家用車で出勤中の警部で、警部補はその場で反則切符を交付せず、その後も処理を放置した疑いがある。

 今年7月、内部通報で発覚。警部は県警の調査に「違反の手続きを進めるよう自分から言い出さなかった。やすきに流れた」と説明。県警は、警部が検挙を逃れようと指示した経緯がなかったとして、刑事処分は見送った。

 県警は警部補とともに取り締まりにあたっていた巡査部長3人も本部長注意処分にした。