[PR]

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)は21日(日本時間22日)、オータム・クラシックが行われるカナダ・モントリオールのリンクで公開練習を行った。練習後、右ひざに軽い違和感があるため、今大会では4回転ループを跳ばないと明かした。練習では4回転トーループや4回転サルコーからの連続ジャンプをきれいに決めた。男子ショートプログラム(SP)は22日にある。

 羽生は右ひざについて「まだ大事に至っていないけど、至らないように。右踏み切りのジャンプはちょっと抑え気味で」と話した。ただ、それ以外は意欲的で、フリーでは、後半にトリプルアクセル(3回転半)を2本、4回転を3本跳ぶ予定。「この構成は、後半はMAXだと思っている。後半のジャンプを全て決めたい」と話した。

 また、ブライアン・オーサーコーチは、4回転ルッツについて「計画の一環として持っている。今季の目標ではある」と今後、さらに難しい4回転に挑戦する意欲を見せた。今の羽生の状態について、「仕上がりは過去最高だ。(右ひざは)弱い小さな痛み。治療は必要ない。ただ、私の経験上、痛みを覚えるということは体が何かを訴えようとしているということなので、ちょっと技術的に引くことを私が決めた。ループはやらない。(痛みの原因は)練習疲れだと思う」と話した。

 けがからの復帰のシーズンに五輪を目指す村上大介(陽進堂)は「今回は4回転サルコーをSPで一つ、フリーで二つやりたい。(今後は)4回転フリップからの連続ジャンプをやりたい」。4回転ルッツも着氷していることを明かした。全日本選手権で好成績を残すことが五輪代表入りに不可欠。「五輪代表の3枠目に入りたい。全日本に向けて頑張る」と語った。

こんなニュースも