[PR]

 日米韓が10月半ば、3カ国の外務次官級協議を開く方向で調整していると、複数の米韓関係筋が明らかにした。3カ国外務次官級協議は1月にワシントンで開かれて以来、トランプ米政権下では初めてとなる。主に北朝鮮情勢への対応を協議する。

 協議には杉山晋輔事務次官、サリバン米国務副長官、林聖男(イムソンナム)韓国第1外務次官が出席する。サリバン氏が10月に東アジアを歴訪するのに合わせ、ソウルで協議を開く方向で調整している。

 3カ国の北朝鮮政策を巡っては、制裁を前面に押し立てる日米と、対話による平和的解決を強調する韓国との間で足並みが乱れがち。3カ国は北朝鮮の軍事挑発に対する安全保障協力などを強調し、結束を確認したい考えだ。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも