[PR]

 歴代最多とされる高校通算111本塁打を記録した東京・早稲田実高の清宮幸太郎選手(18)が22日、記者会見を開き、進路について表明する。プロ志望届提出を表明すれば、高校1年から活躍してきたスター選手の獲得に、複数球団が競合するのは必至だ。

 清宮は東京都出身。早大ラグビー部主将を務めた父克幸さん(現ヤマハ発動機監督)と慶大ゴルフ部主将だった母幸世さんから授かった運動能力を着実に伸ばした。中学1年時にリトルリーグで世界一に。早稲田実高でも1年夏の全国選手権大会で2本塁打を放つ活躍を見せ、3年春の選抜大会にも出場。多くのファンの注目を集めてきた。

 9月上旬にカナダのサンダーベイで行われたU18(18歳以下)ワールドカップで3位となり、高校での野球生活を終えたあと、進路については「自分が何をやりたいかしっかりと見つけて一番いい選択をできればなと思います」と語っていた。

 プロ志望届を提出すれば、10月26日のドラフト会議で12球団からの指名を受けることが可能になる。

こんなニュースも