[PR]

 日本サッカー協会は22日、17歳以下(U17)ワールドカップ(10月6~28日、インド)に出場する日本代表21人を発表し、U20W杯にも出場したFW久保(FC東京U18)や中学3年のGK鈴木彩(浦和ジュニアユ)らを選んだ。森山佳郎監督は「決勝のピッチに選手たちを立たせてやりたい。初戦が大事。一戦必勝で、まずは1次リーグを突破したい」と意気込みを語った。

 日本は1次リーグE組でホンジュラス(8日)、フランス(11日)、ニューカレドニア(14日)と対戦。各組の2位までと、各組3位の中で成績上位4チームの計16チームが決勝トーナメントに進む。日本は2大会ぶり8回目の出場で、過去の最高成績は1993年、2011年の8強。代表メンバーは次の通り。

 ▽GK 梅田(清水ユ)谷(ガ大阪ユ)鈴木彩(浦和ジュニアユ)▽DF 池高(浦和ユ)監物(清水ユ)菅原(名古屋U18)小林(神戸U18)山崎(広島ユ)馬場(東京ヴユ)▽MF 奥野(ガ大阪ユ)平川(FC東京U18)鈴木冬、喜田(以上セ大阪U18)椿(横浜マユ)福岡、上月(以上京都U18)▽FW 山田(セ大阪U18)宮代(川崎U18)中村(三菱養和ユ)久保(FC東京U18)斉藤(横浜FCユ)