[PR]

 小野寺五典防衛相は22日の閣議後会見で、訪米中の李容浩(リヨンホ)・北朝鮮外相が「おそらく歴代最大級の水爆の地上試験を太平洋上で行う」と発言したことについて「断じて容認できない発言だ」と批判。「そこ(太平洋)まで運搬する手段が仮に弾道ミサイルということであれば、我が国上空を通過することも否定できない」との見通しを示した。

 小野寺氏は「北朝鮮は従前からICBM(大陸間弾道ミサイル)に言及しており、それに対する核の小型化も言及している。これを組み合わせれば、当然、ICBMもしくは中距離弾道ミサイルで何らかの実験をする意図も当然考えられる」と語った。(相原亮)

こんなニュースも